K

美味しいもの、美容、ファッションときどき古典。

金木星の香りが街に溢れている……

金木犀の香りは、割と好きな人が多くて、今までいろんなブランドがいろんな表現でフレグランスを出してきています。私が金木犀の香りで真っ先に思い浮かべるフレグランスが、これ。 www.forte-tyo.co.jp ザ・ディファレントカンパニーの「オスマンチュス」で…

クレンジングは化粧をしていなくても効果的!?毛穴に悩む男性におすすめ!

こんにちは。Kです。今日はクレンジングについてお話をしようと思います。男性の方の多くは、あの化粧を落とすやつでしょ…と思うのではないでしょうか。その通り、女性がお化粧を落とすときに使っているものです。液体タイプ、オイルタイプ、ローションタイ…

『大学入学共通テスト 突破演習 古典編』(三省堂)の監修を致しました

タイトルの通りのお知らせです。『大学入学共通テスト 突破演習 古典編』という共通テスト対策問題集の監修を担当させていただきました。刊行は11月の予定です。学校専売品になりますので、一般の方の手には届き難いものではありますが。多くの高校生、教員…

ここ最近、能面は何をしているのか

予備校を離れて数ヶ月、日々趣味として古典と読み進めようと思っていたものの、思いの外忙しく進んでおりません。暇だろ?暇そうだよね?と思われる方もおるでしょうし、私もそんな感じのことを言うておるのですが、実は割と忙しくしておりまして……。 まず、…

古文単語の覚え方に関するメモ

この記事を読んだあなたは、古文単語を覚える方法やコツを期待したかもしれませんが、残念ながらその期待を裏切ってしまいます。ずばりこの覚え方がよいとか、こういうコツがあるんだとか、そういう話をすることは今回の目的ではありません。 さて、古文単語…

授業・講義を設計するための覚書

年間何コマの講座なのか、人数は何人なのかなど、前提が違えば考えることも違うと思いますが、どんな授業・講義であっても意識したい/していることを書き出してみます。自分のためのメモとして。 【目的・目標の明確化】・その日の課題、どんな背景があるの…

これからもずっと私が古典と向き合っていくために……

あまり自分のことを語るのが、昔から好きではありませんでした。「カサイくんって、秘密主義だね」と、中学校で仲の良かった女の子によく言われていました。好きな色や食べ物など、他愛もない話をしていて、きちんと答えず、ななめな回答をしていました。き…

笹森義通『古文の解き方が面白いほどわかる本』(KADOKAWA)

古文を読み解くためには様々なコツがあります。しかし、どんなコツにも増して重要なのは、実は古文常識を含む背景知識なのではないかと私は思っています。この背景知識の中には、いわゆる文学史の知識も含まれます。文学史の知識というと、作者は誰かだとか…

能面庵的 能・狂言入門-その1

能とか狂言って聞いたことはあるけれど、「ところで何なの?」「歌舞伎とは何が違うの?」「どこで観れるの?」「高いの?」「眠くるなるよね?」……などなど、私が能が好きだと発言した際に、このような質問をよく投げかけられてきました。これは仕方のない…

漢文の語彙集を作りました。

実は、夏、一瞬ですが、教壇に立ちチョークを握ります。漢文の講座。そのためにいろいろ準備をし作成しました。サブテキストとして用意した漢文の語彙集もそのひとつ。じっくりゆっくり、私は私のペースで前に進んで行きます。 久々すぎて緊張しますね。身体…

しっかり、きちんと古文読解を学べる好著です。仲光雄『体系古文』教学社

ある程度古文の基礎は固まった(何をもってそう言えるのかは難しいけれども)、では、読解の練習をもっと積み上げたいが、どんな問題集が良いのだろう……。という方に、おすすめしたいのが『体系古文』です。 古文読解の問題集、どれをお薦めするべきかいつも…

ブルガリ オ パフメ オーテブルーのシャンプー、コンディショナー、ボディソーブ、ボディミルク!

ブルガリのオパフメと言えば、私のお気に入りのオーテヴェール(緑茶をイメージ)が有名です。日本の茶道からインスピレーションを得たとか。他に白茶や青茶をイメージしたものもあります。青茶は、例えば烏龍茶です。あるホテルに泊まった際に、アメニティ…

本の処分に困ってしまったときの対処方、あれこれ① 資格教材の買取

私の家は本であふれかえっておりまして、年に何度か整理をするものの、すぐに本棚に収まらなくなり床に置き始める始末……。拠点が変わるということもあり、重い腰を上げて大規模な整理を行いました。本当は、どれも手放したくない本ばかりなのだけれども、事…

Huxley のモロッカンガーデナー ボディオイル

今、大注目のHuxleyは、サボテンシードオイルに着目したブランド。 公式サイトによると、サボテンシードオイルは以下の特徴を持つそう。 サボテンシードオイルの特徴 ・日較差50度の過酷な環境で育つ生命力 ・1リットルのウチワサボテン種子オイルを採るため…

AVEDAのブリリアント エモリエント セラム。髪に艶を与えてくれます!

髪がぱさぱさしていて、見るからに健康じゃない。艷やかな髪にしたい。そんな方におすすめなのが、AVEDAのブリリアント エモリエント セラムです。 スタイリングの仕上げに使ってもよいですし、アウトバストリートメントとして使ってもよいとと思います。 公…

AVEDAの夏に欠かせない石鹸。「ローズマリーミント バスバー」

暑い日が2021年も続いています。少しでも快適に過ごして夏を乗り切りたい、リラックスしたい、そんな人におすすめなのがAVEDAのローズマリーミント バスバーという石鹸です。 ネットを使ってもこもこ泡で体中を洗いますと、ミントの力で体中清涼感に包まれま…

AVEDAのニュートリプレニッシュ(ディープ)ぱさつく乾燥髪をつやつやに!

最近、何だか髪がぱさぱさするな、乾燥しているなと思っていたところ、たまたま立ち寄ったAVEDAでおすすめされて購入したのがニュートリプレニッシ ディープのシャンプーとコンディショナーです。 公式ページから拝借した説明書き。 ザクロ種子油*(毛髪保湿…

和カフェ「大三萬年堂HANARE」の創作スイーツ

老舗和菓子屋さん「大三萬年堂」(江戸中期創業約360年)が運営する和カフェ「大三萬年堂HANARE」の創作スイーツ「どらぱん」を春頃に頂きました。「どらぱん」は、米粉パンとどら焼きで、あんこと豆乳クリームをサンドしたスイーツです。 「あんバター」、…

「ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜」のラウンジでケーキを。

少し前、緊急事態宣言と緊急事態宣言の合間の期間で、「ザ・カハラ・ホテル&リゾート横浜」のラウンジでケーキは頂いてきました。 thekahala.jp ザ・カハラはハワイ ホノルルの名門ホテルで、世界で2つ目のカハラブランドとして、2020年9月23日に横浜みなと…

古文解釈入門―その1

需要があるかわかりませんが、自分の整理半分、古文解釈が苦手な人のため半分で、「古文解釈入門」という記事を書いていこう思っています。必要としてくれる人が多いようであれば、継続していこうかな…くらいに緩い気持ちでおりますが、続けていけたらいいな…

コーヒーテイクアウトの新しいかたち―root C(ルートシー)AIカフェロボット

先日、なんだか面白そうなもの、興味深そうなものを発見した。遠目に見たときにはなんだかよくわからず、超小型コインロッカー?コインロッカーにしてはおしゃれじゃないですか?だなんて思っていたのだけれども。 その正体は、 rootc.cafe というものでした…

伊田 裕 『入試によく出る 古文の徹底演習』(河合出版)

入試によく出るから、頻出だから、重要なのではなく、重要だから、重要な何かを含むから入試でもよく出るし、頻出になるのだ。だからこそ、頻出出典、頻出の文章というのは何度も何度も味わって、咀嚼し、自分の血肉とすることが効果の高い学習となり得るの…

ELEMIS(エレミス)のFrangipani Monoi Body Cream(フランジパニ モノイ ボディ クリーム) 南国リゾート気分

甘い花の香りのボディクリーム、ELEMIS(エレミス)のFrangipani Monoi Body Cream(フランジパニ モノイ ボディ クリーム)です。公式サイトでの商品紹介は以下の通り。 上質なマカダミアオイルと、脂質を豊富に含むセサミオイルを配合した贅沢なボディクリ…

Santa Maria Novella(サンタ・マリア・ノヴェッラ)の化粧水(フェイストニック) 歴史を感じる化粧水

使いかけの写真で申し訳ありません。Santa Maria Novella(サンタ・マリア・ノヴェッラ)の化粧水(フェイストニック)でございます。 Santa Maria Novella(サンタ・マリア・ノヴェッラ)をご存じでない方もおられるかもしれません。1221年、フィレンツェの…

クリーン リザーブ ウォームコットン(CLEAN RESERVE WARM COTTON) ひたすら清潔な香り

CLEAN(クリーン)は、2003年にアメリカで誕生したフレングラスブランド。身近な「石鹸」からインスピレーションを受けた、フレッシュでピュアな香水を展開しています。嫌味の無い軽やかな香りが多いので、纏いやすいブランドではないかと思います。 CLEANに…

AVEDA(アヴェダ)のクーリング バランシング オイルは「夏に最適」なオイルです

AVEDA(アヴェダ)のクーリング バランシング オイルは夏には欠かせないオイルです。ペパーミント(ハッカ)のオイルが含まれているため、肌に載せるとスース―とします。火照った体をクールダウンしてくれますし、配合されている希少なブルーカモミールオイ…

山下幸穂『基礎からのジャンプアップノート 古文読解・演習ドリル』(旺文社)

古文の読解に関する参考書で、これという一冊を挙げるのはなかなか難しいことです。まず、読解に関するコツを紹介してくれている類の本がいくつかあるのですが、そもそもそのコツが怪しげなものであったりしますし、有益なものであったとしても演習量が少な…

二宮 加美、岩名 紀彦『日々古文常識-入試問題を解くための27のテーマ』(駿台文庫)

古文学習において大切な要素としては、 ①古文文法 ➁古文単語 ③古文常識 ④文学史 ⑤読解のコツ、読解への慣れ の5つをいつも挙げています。①と➁は多くの受験生が意識して学んでいるのですが、③古文常識は疎かにされがちです。しかしながら、古文を学ぶことの意…

原安宏『文脈で学ぶ 漢文句形とキーワード』(Z会)

漢文の推薦書をひとつだけ挙げて欲しいと言われたら、必ずこれを挙げるという一冊です。『文脈で学ぶ 漢文句形とキーワード』(Z会) 基本的な句形もちろん、頻出の字、慣用表現まで網羅しており、これだけおさえれば十分という内容です。通読するのはもちろ…

入れ替えてはならぬ

入試によく出るから重要なのではなく、重要だから入試によく出るのです。それを、逆にしてしまった瞬間に、単なる点取ゲーム以上のお勉強をすることは不可能になってしまう気がします。 ただ、入試問題を見てみますと、何を問いたいのか、ほんとうに重要な問…