K

美味しいもの、美容、ファッションときどき古典。

2020-01-17から1日間の記事一覧

2020年...最後のセンター試験の前日に、受験生へ

はじめに この記事は、センター試験の前日に、センター試験が終わったあとの受験生のことを思い浮かべながら書かれています。ですから、私にもセンター試験の難易度がどんなものだったのか、わかっていません。うまくいった人、残念ながら失敗してしまった人…

古文の教科書と注釈についてのあれこれ

はじめに 今まで私は、学校で教科書を用いて教えることもありましたし、今でも学校で扱った文章について質問に来る生徒は少なくありません。そのため、手許にはできるかぎり多くの教科書を集め置いており、中身もチェックしています。出典についての思うとこ…

「語の成り立ち」や「語源」は、単語の意味を暗記するためのものか

「語の成り立ち」・「語源」の効用 古文単語帳や、古文の授業において、古文単語を覚えるには「語の成り立ち」や「語源」を活用した方がよく、頭にも残りやすいと言われることがあるようです。このことについて、あくまで思い付きのレベルで色々と考えてみた…

学参探訪1 栗原隆『栗原の古文単語教室』(東進ブックス、2019年12月)

良心的な書だが、いわゆる単語「帳」ではない 『栗原の古文単語教室』は、非常に優れた内容です。語彙意味論をしっかりと踏まえた学参で、ゴロ合わせや無理なこじつけで単語を丸暗記しようと考える要素は一切ありません。はしがきや所々に少しばかり専門用語…

受験古文指導における全訳不要論について

全訳不要の読みは、全訳できる相当の力が前提 全訳不要を唱える方は 「わかるところを読み繋ぎ、わからないところは推測」「大切じゃない部分は読み飛ばせ」「こまかい訳よりも、主語・目的語・述語を追え」 ということが多いように思います。私も似たような…