K

美味しいもの、美容、ファッションときどき古典。

古典教育

古文文法を学ぶ順番について①

予備校講師として教壇に立ちながら、古文文法が原因で、古文が嫌いになる人が多いように感じていました。用言の活用や助動詞の活用を呪文のように唱え、丸暗記をし、いまいちそれがどう読解に役立つのかも分からない……これでは確かに、古文を面白いとは思え…

古典はおキライですか……?

予備校で教えていた間に、「古典キライ!」という声を何度聞いたことか。私自身は古典が好きなので、とても悲しい気持ちになったわけだけれど、自分が好きなものを他の人が好きだとは限らないし、自分の好きだという気持ちを人に押し付けることはしたくなか…

古典文法における助動詞接続の学習について

はじめに その助動詞が、活用語の何形に接続するかを助動詞接続と呼ぶことが多いようです。この助動詞接続を暗記しておくことは、古文を読む上で非常に重要なことです。たとえば、紛らわしい語の識別であったり、また品詞分解を行って逐語訳を行う際にも、助…

最後のセンター試験から、来年(共通テスト)の古文・漢文に向けて。

最後のセンター試験の問題を見て、新しいテストについて思ったことを、つれづれなるままに述べてみました。どなかたの参考になれば幸いです。なお、拙いできではありますが、2020年のセンター試験、古文・漢文の訳・ワンポイントも書いていますので、合わせ…

古文の主語把握について―その①

はじめに 受験生や高校生のみなさんは、「古文は主語の省略が多いので注意しなさい」とどこかで言われたことがあるのではないでしょうか。この主語の把握について、お話をしたいと思います。今回は主語についてお話をしますが、実際には主語だけはなく、他に…

『文選』謝霊運の詩 2020年センター試験漢文 全訳・解答・ワンポイント解説

2020年のセンター試験、受験生のみなさま、まずは初日お疲れさまでございました。以下、私が、仕事をしている機関とは関係なく、個人的に執筆したものです。どなたかのお役に立てれば幸いです。なお急いで作成したため、今後少しずつ内容が加わったり、修正…

『小夜衣』2020年センター試験古文 全訳・解答・ワンポイント解説

2020年のセンター試験、受験生のみなさま、まずは初日お疲れさまでございました。以下、私が、仕事をしている機関とは関係なく、個人的に執筆したものです。どなたかのお役に立てれば幸いです。なお急いで作成したため、今後少しずつ内容が加わったり、修正…

古文の教科書と注釈についてのあれこれ

はじめに 今まで私は、学校で教科書を用いて教えることもありましたし、今でも学校で扱った文章について質問に来る生徒は少なくありません。そのため、手許にはできるかぎり多くの教科書を集め置いており、中身もチェックしています。出典についての思うとこ…

「語の成り立ち」や「語源」は、単語の意味を暗記するためのものか

「語の成り立ち」・「語源」の効用 古文単語帳や、古文の授業において、古文単語を覚えるには「語の成り立ち」や「語源」を活用した方がよく、頭にも残りやすいと言われることがあるようです。このことについて、あくまで思い付きのレベルで色々と考えてみた…

受験古文指導における全訳不要論について

全訳不要の読みは、全訳できる相当の力が前提 全訳不要を唱える方は 「わかるところを読み繋ぎ、わからないところは推測」「大切じゃない部分は読み飛ばせ」「こまかい訳よりも、主語・目的語・述語を追え」 ということが多いように思います。私も似たような…