K

美味しいもの、美容、ファッションときどき古典。

入れ替えてはならぬ

 入試によく出るから重要なのではなく、重要だから入試によく出るのです。それを、逆にしてしまった瞬間に、単なる点取ゲーム以上のお勉強をすることは不可能になってしまう気がします。

 

 ただ、入試問題を見てみますと、何を問いたいのか、ほんとうに重要な問いなのか、疑ってしまうものも多いわけです。そういうものには、厳しくNoをつきつけることも必要なのではないかと思っています。

 

 模擬試験でも、予想問題の類でも、重要だと思われる設問を配置していくことで、結果、よく出る問題が集められたものになるのが理想ではないでしょうか。それを逆にしてしまって、よく出るからというだけで問題を作り出していくこと、頻出だから重要だとしてしまうこと、これはとても危険だと思うのです。

 

 重要だからこそ問題になる、そこに傍線を引いてしまうものなのです。そういう感覚でもって本文と向き合えることができたなら、設問や傍線はあっても無くても関係ないものとなるでしょう。