K

美味しいもの、美容、ファッションときどき古典。

クリーン リザーブ ウォームコットン(CLEAN RESERVE WARM COTTON) ひたすら清潔な香り

  CLEAN(クリーン)は、2003年にアメリカで誕生したフレングラスブランド。身近な「石鹸」からインスピレーションを受けた、フレッシュでピュアな香水を展開しています。嫌味の無い軽やかな香りが多いので、纏いやすいブランドではないかと思います。

f:id:kasaiyuya1207:20210725164001j:plain

 

 CLEANにはいくつかのラインがあって、調香師が特別に「リザーブ」しておいた、サステイナブルな香料を使用したこだわりのコレクションが、「CLEAN RESERVE」です。質の高い香料を用いているため、値段は少しだけお高めのラインとなります。このリザーブラインから、最近愛用している香りを一つご紹介させて頂きます。「クリーン リザーブ ウォームコットン(CLEAN RESERVE WARM COTTON)」です。

 

 

トップノート

アルデヒドジンジャー、ウォータリーオゾンノート

ミドルノー

:ミントグリーン、ペッパーフローラルアコード、リリー

ラストノート

:ムスク、インセンス、ベチバー、アンバー、ベンゾイン

 

 まさに洗い立てのシャツを連想させるような香りです。洗い立てシャツから香る柔軟剤の香りと表現する方もいるようです。たしかに、そういう要素は感じられるのですが、もっと高級感があり、より清楚なイメージです。ラグジュアリーホテルに置いてある石鹸をもこもこ泡立てたとき、空間一杯に広がるひたすら清潔な香りです。性別を問わず使えますし、熱い夏でも軽やかに纏えますし、その割にはきちんと持続します。時間がたつと、ふわっと香る甘さがより主張してきます。ただ、甘ったるい感じではなく、さわやかな甘さです。性別を問わず、季節も問わず、またオフィスシーンでも使いやすい香りだと思います。

 

 こちらのブランドでは、レイヤード(重ね付け)も推奨しています。単体でももちろん魅力的なのですが、複数を重ねることで、他の人と被らないオリジナリティを追求したり、単体では感じられない奥行きが加わり、より特別な香りに感じられらりします。私のおすすめは「アクアネロリ」という香りで、こちらの「ウォームコットン」と重ねることで、深みと色気が増します。「ウォームコットン」単体だと、ひたすら清楚で清潔なイメージなのですが、ここに「アクアネロリ」が重なると少しミステリアスで、一筋縄ではいかない人物像が浮かびあがるような、そんな重層性が加わります。「アクアネロリ」はジャスミンネロリブロッサムによるフローラルからはじまります。その後、穏やかにユニセックスな印象のラベンダーが顔を覗かせてきます。そして、ラストはムスク、サンダルウッドにきりっとした樹木の印象と温かさが立ち上がってきて、余韻を残す香りです。CLEAN RESERVEは他の香りもおすすめですので、香り好きな方はぜひお試しください。